自己成長には勝負が必要

人生を変えるにはコンフォートゾーンを広げることが大事です。

コンフォートゾーンとは自分が快適に過ごせる環境のこと。

必ずしも快適に過ごせる環境から脱していくことが良いわけではありませんが、自己成長を望むのであればコンフォートゾーンを広げる必要があります。

難しいことにチャレンジするべきか否か。

自己成長するためには、勝負が必要であることが必然です。

コンフォートゾーンの3つの同心円の概念を理解すると分かりやすいです。

中心に位置するのがコンフォートゾーン。自分が快適だと思える環境。

その外側にあるのが学習領域。

その外側にあるのが危険領域。

何かに挑戦する場合、ちょっと難しい領域にチャレンジすることは学習y領域い該当します。

例えば、跳び箱に挑戦する。

飛び箱5段飛べる人が6段に挑戦することは、ちょっと難しい。

跳び箱5段しか飛べない人が8段、10段に挑戦すると怪我をします。

自分の実力よりはるか上のことをすると、怪我をしたり大失敗をすることがありえます。

コンフォートゾーンを出る場合、目標を刻む必要があります。

目標を細分化していくことが成功の秘訣で、目標を段階的に上げることで自己成長に繋がります。

大事なことは危険領域まで一気にやらせないこと。

危険領域はできないし、やりたくない。

学習領域であることを徹底していくことが大事。

ビジョンを語るとき、夢を語るとき危険領域までやってしまうので失敗する。

人生を成功させる自己成長をするポイントは、ちょっとだけやる。

0か100かで考える場面もたくさんありますが、人生をかけた成長に必要なことは「ちょっと難しいことに、ちょっとだけ挑戦する。」

挑戦し続けることが成長の秘訣であると考えています。

プチ難、ちょいやる

必ずしもDO:行動が伴う必要があります。

行動しなくては、成長はありえません。

挑戦し続けることが成長の秘訣です。

created by Rinker
¥1,595 (2020/09/22 12:27:47時点 楽天市場調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください