新しいフィッシュグリップが欲しくて悩んでいるの。スタジオオーシャンマーク?ボカグリップ?

私が使っているフィッシュグリップは、スタジオオーシャンを模倣したであろう形のフィッシュグリップ。

いわゆるパチモンで、アマゾンだか楽天かどっちかでなんとなく選んだもの。

私はいわゆるバス釣りをメインにずっとやってきたのだけど、どんどん釣り禁止は増えていくし、警察には注意されるようになるし嫌気がさして、バス釣りはやめてしまった。

バス釣り禁止区域でない川でバス釣りをしていたら警官に止められ、注意勧告を受け、それ以来バス釣りをするのも怖くなってしまった。

私の趣味を大した意味もなく、声かけてきた警官を一生恨む。

と経過を持って、バス釣りを引退し海釣りに転向となったわけです。

バス釣りなら手持ちでランディングできたものの、海となるとランディングできなかったり、危険生物がいっぱいでフィッシュグリップが必要となりました。

結果、確かこの辺りのこの辺のを買った。

多分、これで間違いないと思う。

使い勝手が悪い!です。端的に言って悪い。

バネは錆びてくるし、アルミだから傷が入りまくるし、

設置が悪いからか、グリップできず魚が暴れると外れることもなる。

しかも大型魚専用ってだけあって、大きく、取り回しが悪い。

確かに不慣れなうちは、暴れる魚の近くにグリップを持っていくのも怖かった。

明らかにフィッシュグリップを近づければ暴れるし、暴れている魚の口から針を外すのも怖いし。

フィッシュグリップの意味をなさないので、今から始めようかなアングラーにあげようと思っているほど。

要するに、もう私の釣りスタイルにはあわず、不要なのだ。

ここまでしばらく使ってきたのだから、そろそろちゃんとしたいいのが欲しいなって思いついていくつか候補を考えてみました。

やはり、目につくのは超有名どころのスタジオオーシャンマークのフィッシュグリップ。

何がいいってよく分からないんですけどね。

でも、サイズ感が今使っているやつと似たような感じでちょっと大きい。この大きいって言うのは私の中ではデメリット。

コンパクトに小さく、身動き取りやすく。

そう言う釣りスタイルには大きいフィッシュグリップは好ましくない。

そもそもライトハンターになりつつあって、パッと取り出せパッとやれるのが望ましいわけです。

次いで、目についたのはこちら

BOGA GRIP ボガグリップ ランディングツール 15lbまで

この何がいいって、魚の重さも測れてしまうところ!そして、世界大会でも正確性が認められ採用されているほどのもの!

冒険用品の商品説明を見てグッときてしまいました。

数々の「もの」の中でも、頑丈さ、使い勝手の良さにおいて最高レベルに位置するのは「ミリタリーギア」かもしれません。兵士の命を守るべく、高額の開発費用と数々のテストを繰り返し、まったく妥協はなく、究極の装備品は完成します。
では、「フィッシングギア」については? 様々なシーンにおいて、「ミリタリーギア」が必要とする条件と、リンクする部分があるのです。”冒険用品より引用”

もう堅実、頑丈、正確。

長く使っていく相棒!って言う感じが魅力的で惹かれます。

冒険用品で購入するのもいいんですけど、如何せんアマゾン、楽天より高いです。はい。

小さいボディに大きいハサミを搭載したモデルは冒険用品でしか購入できませんが、そんな稀な釣り方をする人はあんまりいないんじゃないですか?

どんな時にそんな使い方が必要なんでしょう。でかい魚相手ならでかいボディのが安全な気もするし詳しい方どうでしょうか。

次いで、魅力的に感じるのは

エバーグリーン(EVERGREEN) EGグリップ

高性能の一言に尽きるかと思います。

ボガグリップと違って測量計がついていないのが残念ポイントかなって思いますが、考え抜かれた設計があります。

ランディングした魚に向かって差し出す手の動き。これと同じ方向にレバーを押すことでフックが開く、新発想のプッシュレバー(PAT.)を採用した“EGグリップ”。 ワンモーションで簡単にセット、魚の口を確実にホールドし、安全にランディングをサポートします。超軽量・高剛性ボディに、ジュラルミンフックを搭載。”エバーグリーンホームページより引用”

昨日面だけ見ればこれがいい気もするんだけど、ボガグリップも気になるし。

コンパクトになって、堅実、剛性で、長く使っていける相棒。

いないかなって探し中です。

このままいくとボガグリップを購入しそうな気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください