針の重要性

最近になってめちゃくちゃ気になってきました。

というより、気にならざるを得なくなってきました。そんな存在「針」。

針の話?それよりも釣り場情報の方が大事でしょ。

 

 

 

私がなんで針が気になり始めたかってところでお伝えします。というより、針がめちゃくちゃ大事です。

針に気を使えない人は損している

釣り人ってのは、魚との距離をいかにして近付けるかってということに注意が向きます。

どこなら釣れる?

爆釣情報

オススメポイント

本当の事もありますが、多くはまやかしです。

実際に魚影が濃くなる要因があるポイントも存在はしますが、それでも「必ず」釣れるなんてことはありません。

釣りは自然を相手にしていて、複合的な要因から推察しいかに「魚との距離を近づけるか」というゲーム性を持っていると思っています。

魚との距離をいかにして近付けるか。

良い情報、良い竿、良いリール、良いルアーetc‥

魚と人をつなぐ接点がズバリ、針です。

魚と釣り人が結ばれる、接点:それが針です。

針を一番気にしなければ、接点がなければ以下に近づいても釣り上げることはできないでしょう。

自分にとっての戒めの言葉にもなりますが、針が良ければ捕れる魚が沢山いたことを思い出しちゃいました。

針が魚と人をつなぐ接点

こうして魚を釣るための条件をいくつもクリアしてきても、「針」に気が回っていないと必ず後悔します。

バラしてしまった。

そんな時に針の確認をしているでしょうか?

 

えっと、ここまで偉そうに書いてきて、ぶっちゃけ私はそこを気にしてこなかったんですね。

で、バラしが続いた時に「なんで?」ってなったわけです。

できる限り、魚とのやりとりを多くできるようにシャープに感覚を研ぎ澄まして、いざ釣りに。

天気は?潮位は?水深は?ベイトは?風向きは?なんてね。

で、「針」に気が回っていなかったんですね。

みんな毎日釣りに行ける環境ではないかと思います。たまに行ける、休みに行ける、そんな貴重な時間を無駄なく楽しく過ごせるように。

後悔を残さないように、「針」に気を使うようにしましょう。

針に気を使うことで少し近づく、釣り上手への道

針に気を使うというと確認を行う

問題があれば解決する。

これだけです。

具体的に確認するポイントとは

ルアーを投げる前に、根掛りしたら、バラしたら、

ルアーが何かと接触したら確認するべきですね。

初心者こそ針に気をつけたいところ!

もう単刀直入にいうと、初心者だからこそ魚との触れ合う回数は少ないはずです。腕の問題で、魚が口を使わないことの方が多いでしょう。

そんな、あまりバイトもしてこないそんな釣り修行中の私(あなたたち!)だからこそ、少ないチャンスをモノにするために針に気を使わないといけないのです。

針の確認の仕方

針先を眺め曲がっていたらアウト

針を爪に引っ掛けて、スーって動いたらアウト

針が曲がっていたらアウト

ルアーについているような三又のトレブルフックがいい例です。どれか一方向に曲がっていたらアウトです。

軸がずれて、フックアウトする確率が上がります。

強度も著しく低下しています。不意な大物、狙ってきたランカーが食いついたその時、フックが悪くて取りこぼしたなんて嫌でしょ?

トレブルフックが悪くなっていたら必ず交換するようにしましょう。

爪に引っ掛けて、抵抗がなければアウト

これは針先が鈍角になっている証拠です。ビンビンに尖っていないと食いついてきた時に、針がかりしにくくなります。

口を使ったのに針だけかからない。

そんなバカな話があってはなりません。

簡単に研ぐことができるので、必ず釣行の時には持っていくことをオススメします。

道具たち

フックシャープナーなんてたかだか、数百円。

数百円をケチって、釣りをするまでの時間とお金を無駄にしてしまってはバカの極み。たった、数百円。ポチってください。

抱き合わせで、何千円以上で送料無料!なんてネットショッピングではよくありますので、ついでに買っておくことがオススメです。

プライヤーとトレブルフック

一般的なライトタックルで使われるスプリットリングは#1程度です。

プライヤー適合サイズはよく確認しておきましょう。

浜名湖アングラーの方なら、ライトタックルでチニング・シーバスをされる方が圧倒的に多いと思います。

プライヤーはこの辺り

トレブルフックはがまかつが良きです。

一個あたりの単価は数十円ちょっとお高いですが、防錆、針先が曲がりにくさ、少しでも安全を購入するためにケチるべきではありません。

あ、プライヤーは自己満足なので適当なところでOKだと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください