2019年6月の浜名湖事情

表浜名湖なら釣れているようです。(ようですよ、私は体験させてもらえません)トップでも朝まずめなら反応があるとかなんとか。

反応得られませんでした。

6月初旬となれば高活性化が期待できる時期でトップでも釣れたり、数を狙えたりと楽しい時期でもあるんですが残念ながら。

ちなみに、奥浜名湖は全くです。

猪鼻湖も駄目。

ベイトはちらほら見かけます。ベイトのサイズ感は5cm程度で、トウゴロウイワシがメインになっている印象を受けます。

それでも、全然魚っ気がないんですよね。

小さいバイトはあることもあるんですが、如何せん時間をかけた割に釣果は得られません。

どこについているのだろうか。

何でもシーバスをシコシコ釣っている友人はいるので必ず当たりのPOINTたあるんでしょう。

おそらく、もっと川が絡んでいるような気がするんですよね。

都田川とか、流れに関係しているんじゃないかなって思うのですが、確証が得られない釣りをする気力が失われてしまっていて。

今の私的には都田川の流れが関係している気がします。

ともあれ、次の魚の入りは今週末の中潮からの大潮。ここで攻めなきゃって意気込んでいます。(白目)

実績ルアーず

軽快なドッグウォークが効くんでしょう。トップへの反応はナンバーワン。これでトップでないなら撃沈で。

遠投潮目に直撃ルアーとして必須。潮のヨレにフラフラと漂わすとメザシーバスが遊んでくれます。(もっぱら数狙うならこの釣りが正攻法)

ただし、浜名湖ルアーだと根掛り必須なので気をつけるべし。

カラーはステルスフラッシュがいいですね。

シングルフック化で幾分が回収率が上がります。

とにかく、魚が釣りたい!難しいことは考えず、とりあえず1匹!

となれば、このルアーが無敵。

初心者にオススメするなら浜名湖アングラーにはこれが一択。

あ、沖縄ルアー釣りでは全く駄目でした。無反応。これでもサイズが大きいみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください